本文へ移動

神代杉のような外壁板

神代杉をご存知でしょうか。
 
「神代杉」とは、水中・土中に埋もれて長い年月を経過した杉材です。
過去に火山灰の中に埋もれたもので「埋もれ杉」ともいわれています。
青黒く、木目が細かく美しい。
伊豆半島・箱根・京都・福井・屋久島などから掘り出され、工芸品や天井板などの材料として珍重され、近くでは島根県の三瓶山で出土したものが有名です。


杉の外壁板

外壁材に杉板(赤身板)を使用することをお勧めして長い年月が立ちます。
そして、その外壁板に竹酢液を塗っています。
その竹酢液を塗った色が「神代杉」のような色になります。

当事務所では、竹酢液を加工して化学反応を起こさせて、竹酢液塗料を作ります。
それを杉の赤身の多い板に塗ります。
太陽の紫外線と熱で、板に染み込んだ塗料は黒く変色していきます。

 

杉の赤身板に塗装
1回目より2回目のほうが黒く発色
 
3回塗

時間が経つと黒さが増す。
 
見る角度と光の当たり具合によって
色が変化する。

なぜ、杉板を使うのか!!
 
○ 杉は日本固有の植物で、古くから用いてきた建材であるとともに、 日本及び地元の気候風
   土にあった材料
 
○ 部分的なメンテナンスが容易な材料
 
○ 竹酢液を塗ることによって、耐久性、防腐・防虫性が増す。
 
○ 竹酢液を塗った杉板は、方向によって黒さが増す面と、色が 薄れる面があるが、DIYにて塗
   り増すことが容易にできる。
 
○ 価格が安価である。(杉板と竹酢液塗料)
 
○ 竹酢液を塗るのはDIYで可能、年配の方でも、子供さんでも簡単に塗ることができます。
   DIYすることで家づくりに参加でき、家に愛着が沸く。
 
○ リサイクル(将来は土に還る)が容易である。 
   
施工例
 
 
 
[竹酢液塗装
 
 
 
 
 
 
した杉板貼]
 
 
[竹酢液塗装した杉板 +
 
 
モルタル塗]

[キシラデコール塗装した杉板 + モルタル塗]

[キシラデコール塗装した杉板貼]
 
 
デザインは、お施主様と打ち合わせしてプランニングしていきます。
 
  洋風な外観・和風な外観・山小屋的な感じ等 いろいろ
 
  お施主様と一緒に創り上げていきます。
 
接続番号が発行されますので当社へお知らせください。
オンライン接続はこちら
株式会社 小椋設計事務所
〒689-2201
鳥取県東伯郡北栄町西園509-1
TEL.0858-37-3823
FAX.0858-37-3413
1.新築住宅工事
2.リノベーション・リフォーム工事
3.木造住宅建築設計・監理
4.耐震設計・改修工事
5.各種申請業務
6.長期優良住宅

1
1
2
5
3
7
TOPへ戻る