本文へ移動
接続番号が発行されますので当社へお知らせください。
オンライン接続はこちら
小椋設計事務所
〒689-2201
鳥取県東伯郡北栄町西園509-1
TEL.0858-37-3823
FAX.0858-37-3413
1.木造住宅建築設計・監理
2.リフォーム設計・監理
3.各種申請業務
4.長期優良住宅
5.耐震リフォーム工事

1
1
2
0
0
3
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ウッドショックの今だから、チャンスかも・・・・・。 

2021-11-10
「ウッドショック」の話を聞かれた方もいらっしゃると思います。
コロナ感染症と海外の事情で、日本に木材が入らなくなり、木材の値段が高騰し、
外材・国産材の値段が今までの2倍、3倍といわれています
部材別にいろいろ値上がり方も違いますが、でも確実に1.5~2倍くらいにはなっています。

昨今、「持山の木で家を建てる」ことを、各業者さんと連携して取り組んできました。

持山の木を使って家を建てられたお施主さんは、
「先祖が植えた木で建てた家は、まるでご先祖様が護ってくれているよう。」
と共通して言っていただけます。

自然乾燥は木のツヤと香りが違います。

木の値段が高騰している今、ウッドショックがおさまっても木材の値段は高止まり、
持山があれば自分の山を見直してみてはいかがでしょうか。
山の木は宝です。

山の木で家を建てるのは、手間と時間がかかるからと足踏みされるかもしれません。

40代前半のお施主さんは、
        「木材の値段が、買うのと、自分ちの山から切り出した分と同じくらいなら、
         自分の山の木で家を建てたい。」と実行されました。




【持山の木で家を建てるまでの工程】

1番目・・・・・山の木が何年生の木か調べる。
     50年以上であれば立派、家に使えます。

2番目・・・・・きりたい山に、道がついているかどうか調
     べる。
     道がなかったら、作業道をつける申請が
     必要です。

3番目・・・・・山を見てまわる。
     どんな木がどれくらいあるか、大ざっぱに
     把握する。

4番目・・・・・家を設計します。
     設計が終わったら、必要な木の材料を拾
     い出します。
     その材料にあった量の木を、山から伐採
     します。
     できれば葉枯らしも山でします。
     次は必要な長さに玉切りします。

5番目・・・・・葉枯らしをした木を、山から出して製材
     所に運びます。

6番目・・・・・製材所で大きめに製材して、積み上げて
     1年間自然乾燥します。

7番目・・・・・使う時は二度引きします。
     それをプレカット加工します。

 それ以降は、普通に家を建てる方法と同じです。

持山がある方は、今がチャンスかもしれません。
補助金も受けられます。お手伝いさせていただきます。

ご相談ください。



『わたしの家庭菜園日誌 8月』

2021-08-24
今、家庭菜園にハマっています。
モロヘイヤ
以前から、家庭菜園は作っていましたが、このコロナ禍で出かけることを控えなければならない現状です。

家のまわりの土地を利用して家庭菜園にハマっています。

8月の初旬頃までは、水やりが大変でしたが、暑さ、大雨にも負けずにすくすくと育った我が家の菜園を見てくださいネ。

  「モロヘイヤ」
買うと沢山すぎて、傷んでしまうのでもったいない
出来るだけフレッシュで、美味しく食べたいと思い、毎年種を蒔いています。

上の柔らかいところを摘んで、サッと茹でてからきざんで、ポン酢をかけて食べたりしています。
ちょうどミョウガの時期なので、きざんで混ぜるととっても美味!!
菜園のオクラも仲間に入れています。

採ってすぐ食べられるのは、栄養素をそのまま吸収。 最高の贅沢!!



ローズマリー
  「ローズマリー」
お客様のところに伺うと、玄関のわきに植えてあったり、ガラスのピッチャーに入れておられたりして、香りがとっても良くて、私も育ててみたいと思いました。

本に書いてあったのが、安いワインに入れると、深い味わいになると書いてあった。
早速試してみると、これが美味しい。
夜、ゆったり過ごしたい時の楽しみに

夏場の水分補給に、ハーブウォーターで楽しんでいます。
レモングラスやレモンバームなどと一緒に水筒に入れて机の横に。

水も飲みやすくなり、気分爽快!!  



サスティナブルな暮らしを楽しむ・・・・・。

2020-10-27
改めてサスティナブルを調べてみたら。
サスティナブルとは、Sustain(持続する)+ able(~できる)=持続可能な
  サスティナブルなライフスタイル   //ogura-sekkei.jp/files/libs/1389/20201113143946159.jpg
  地球にやさしい、自然にやさしい
  サスティナブルな衣食住
  サスティナビリティ―を意識したブランド  等々
 
  "サスティナブルの意味を知り、
      意識することから始めよう。”
 としめくくってありました。
 
 サスティナブルって、地球環境とか木の家が100年持つとかの話しかなぁと思っていたら、ファッションとかジュエリーの分野でもサスティナブルが、ものすごい勢いで広がっている//ogura-sekkei.jp/files/libs/1390/202011131439596001.jpgことを知りました。
   「地球の自然を守る意識」って、
         素晴らしい!!
 
 ファッションの世界でも、ファッションブランKAMPERETT(カンペ
レット)やKOWTOW(コウトウ)などが、徹底したサスティナブルス
タイルを貫いている。ジュエリーブランドのMi una(ミ ルーナ)
は中古のジュエリーの厳選した天然石を、新しいリングやピアスに
変えているブランドだそうです。
  地球にやさしいものを使い続ける。という精神に感動!!
 
12月12日に展示会させて頂くお宅は、
   まさにサスティナビリティ―な お住まい、住み方そのものです。
 
ちょっとだけ紹介。
 お施主様(Sさん)が家を建てたいと思った時、”単に家をつくる”ではなくて、
「自分と家族が、どんな人生を歩んでいくのなぁ~?」と考えられたようです。
 
土地(環境)探し・・・・・。//ogura-sekkei.jp/files/libs/1391/202011131440412080.jpg
 Sさんは、日本だけでなくちょっとだけ海外へ出て暮らした
経験があります。それだけに「自然環境の中で暮らしたい」
思ったようです。
でも実質、勤務先との距離・家族の日常生活を考えて、今の場
所に出会った。ちょっと広すぎる敷地ですネェ~。
でもそれを生かして、自分のしたいことや家族に経験
させたい事のほうが、大切だと思われたようです。
 
次は具体的にどんな家を建てたいか・・・・・。
 設計の話をいただいて、幾つかのプランをつくってもSさんからOKがもらえなくて、
「Sさんの想いをもっと知りたい。」と話したら、Sさんには前々から想いがあって、
2冊の本本を手に持ってこられました。
「小屋のような住まい」という本で、たくさんのフセンが貼ってありました。
考えはそうでも、中身はしっかりおしゃれな家の本でしたヨ。
ただ、おどろいたのは考え方が私とだいたい似ていて、私の想いがその本の中に表現されていました。
 
「こんな人もおられるんだ。」と感動!!
一気に本を読みました。
 
 その思いのままプランを創ったら、一発でOKがもらえました
それからは、Sさんの一生のシーンを私の勝手な想像で思い描きながら設計をすすめました。
又、家も土地の使い方もSさんのほうが活達な発想をもっておられ・・・・・。
さすがだなぁ、とわたしも引っ張ってもらいました。
 
今も、SさんのおうちDIY進行中です。
壁を塗り、タイルを貼り、デッキをつくり・・・・・。
奥さんと一緒に畑もちょっと作って、実のなる木を植えて・・・・・。//ogura-sekkei.jp/files/libs/1392/202011131501464902.png
いずれはデッキをドーンと庭に張り出して、ピザピザ窯・燻製窯も作りたいと
夢を語っていらっしゃいました。Sさんなら叶えられる。
近所の子供さんたちの声が、家や庭に響いているのがうれしいと話して
おられました。
 
   たくさん勉強させて頂きました。 

菅総理が・・・・・!!

2020-10-27
昨日のテレビを見ていたら、菅総理の初心表明演説のニュースをしていました。
 
「2050年、温室効果ガスを、0(ゼロ)にする。」と宣言。
 
オー、よっしゃー!! と思って主人に話したら、「原子力発電の推進だ、そりゃぁ!!」と。
 
「それは困る。」と思っていたら、今朝のニュースで蓄電器・水素や自然エネルギー・省エネなどを駆使して0(ゼロ)に近づけるとの事。
 
それでなくっチャー!!
 
とにかく、省エネを徹底しよう。
我慢の省エネでなくて。
 
国が、高断熱と木の内装材に、補助金を支給してくれることを待っています。
それと蓄電池が早く安くなり、普及が進むことを願うばかりです
 
「長生きして、温室効果ガス0(ゼロ)を見届けんといけんなぁ。」などと笑い話!!
 
2050年までは30年、
30年後は100才   頑張るぞ!!

断熱のおかげ・・・・・!!

2020-07-22
 
 
年もとうとう暑い夏がやってきました。
 
断熱改修をして、今までに比べてエアコンの効きがよいデ~ス!!
主人も「断熱のおかげかなぁ・・・・・。」と一言。
私はそっと「ウンウン」とうなづきました。   
そんな折、先日NHKのTVで「エアコンと扇風機の使い方」という放送をしていました。
 
扇風機の電気代って1円/時間
エアコンは1℃温度を上げると 約13%も消費する電力が少なくなり省エネになるそうです。
エアコンをつけて扇風機も同時につけると、体感温度は2℃下げたのと同じくらいだそうです。
有効に活用するには、部屋の空気をかくはんするとよいですネ。
TVを見ていた日の気温は27℃で、 寒い!! と感じた。
もっと暑くなってからまたやってみます。
皆さんも試してみてください。
 
洗濯物も夜中一晩中、扇風機を回しっぱなしにしてみました。
翌朝には洗濯物がきれいに乾いていました。8時間だから8円ていうところでしょうか。
孫のズブ濡れのズックも一晩で乾きましたヨ 
 
コロナ感染症の影響でお家で過ごす時間が増え、『快適な過ごし方』をご検討中の方、
まず身近で簡単にできる断熱リフォームも視野に入れてみてはどうでしょうか。
 
リフォームのメリット
 ①断熱・耐震の性能をUPできる。
 ②固定資産税が格段に安い、耐震にすればさらに安くなる。
 ③間取りも思い切って変えることができる。
    但し通し柱等、構造上除けないものもある。
 
リフォームのデメリット
 ①家の間取りは、なかなか自由にならないが、そこにおもしろみが生まれる!!
 
 
今、コロナ感染症でいろいろな問題が発生し、感染者の人数も増える傾向にあります。
「早く落ち着いたらいいなぁ・・・。」と願う今日この頃です・・・・・。
 
TOPへ戻る