本文へ移動

ちょこっと豆知識

『ガラス』の種類と選び方

2022-08-03
今回は窓…の中でも『ガラス』にフォーカスを当ててお話をしてみたいかと思います。
以前、お客様から「高層ビルのように外から見入ると反射しているガラスを採用したいんだ」とご相談をいただいたこともあります。
その他にも「ガラスの種類ってどんなものがあるの」といった内容はよく質問される項目です。
 
基本的な透明なガラス以外にもどのようなガラスがあるのか今回は見ていきましょう。
ガラスの種類と選び方
 
一般的に普及しているガラスといえば「フロートガラス」と言われる上記にも記載した透明なガラスでしょう。
その他にも、よく水まわりで採用される、ぼかし加工がされた「型ガラス」といったものが
皆様にも馴染みが深いものではないでしょうか。
しかしながら、ガラスの種類にはもっと沢山のものがあるのです。
 
実は、ガラスの選び方は「何を重視するのか」で決まります。
冬寒くなく、夏は暑くならない空間を求めたいといった住居性には欠かせない断熱性能はもちろん、外部からの目線を遮ることに特化したガラス、見た目のアクセントとして採用するガラスもあります。
また、防音や防犯性を重視した場合のガラスといったように様々な観点から用途に応じてガラスは選定することが必要となります。
 
○通りに面した窓の場合
視線防止と採光を両立したい場合
通りに面したリビングなどの窓は人の目線が気になるところです。しかしながらお部屋の中には採光を取り入れたい場所でもあります。
塀等の視線を遮るものが取り付けれない場合、光を取り込みつつ視線を遮ることのできる型ガラスの採用も1つの選択肢でしょう。
○騒音がある場合
生活騒音はストレスやご近所トラブルの原因No,1とも言われています。
こういった事が原因で事件や訴訟に発展してしまってはいけません。
「出す音」も「入ってくる音」も上手にコントロールすることが重要でしょう。
音の物質には特定の周波数で振動するコインシデンス効果という現象から複層ガラスで同種・同厚のガラスを使用した場合は特定の周波数で音が共鳴現象を発生させ、音が増幅されてしまいます。
ビアノのレッスン場等、大きな音の出る部屋へ窓を採用する場合はコインシデンス効果と共鳴透過現象を打消す効果の期待できる、厚さの違うガラスを組み合わせた【異厚複層ガラス】等を採用すると良いかもしれません。
 
 
視線も光も調整したい。けれど、部屋内側のブラインドは嫌
そんなわがままさんへ
 
お風呂やキッチンで外部からの視線の遮断をしたい。しかし、型ガラスを採用すると外の景色が眺められない。ブラインドを部屋内側に取り付けることは出来るが、湿気や油の飛び散りが気になる。
そんなお悩みを抱えている場合は【ブラインド入複層ガラス】が良いかもしれません。
2枚のガラスの間にブラインドが入っていることで羽の角度を調整すると、気になる外部から視線も上手に遮ることができます。角度を上手に調整すれば不要な太陽の熱をカットしながら光を取り込むことも可能になるでしょう。
そしてガラスの間にブラインドが入っている為、キッチンの油がブラインドへ付着する事や
浴室の場合、ブラインドが濡れる心配もないので水アカの心配もありません。
普段のお掃除の手間も省けれますね。
まとめ
一般的によく使用されているガラス以外にも多くの種類があります。
遮光・遮熱・防音・防犯等の性能や組み合わせによっていろいろな機能があります。

お家をプランニングする時には、その場所に適した窓を採用するように、お客様に提案させていただいております。



接続番号が発行されますので当社へお知らせください。
オンライン接続はこちら
株式会社 小椋設計事務所
〒689-2201
鳥取県東伯郡北栄町西園509-1
TEL.0858-37-3823
FAX.0858-37-3413
1.新築住宅工事
2.リノベーション・リフォーム工事
3.木造住宅建築設計・監理
4.耐震設計・改修工事
5.各種申請業務
6.長期優良住宅

1
1
3
4
9
6
TOPへ戻る