本文へ移動
小椋設計事務所
〒689-2201
鳥取県東伯郡北栄町西園509-1
TEL.0858-37-3823
FAX.0858-37-3413
1.木造住宅建築設計・監理
2.リフォーム設計・監理
3.各種申請業務
4.長期優良住宅
5.耐震リフォーム工事

1
0
4
4
6
0
RSS(別ウィンドウで開きます) 

断熱改修後の我が家の夏は・・・・・!!

2019-09-13
暑い夏も過ぎて、お彼岸を前にして涼し気が立ってきました。
どこのお宅も、エアコンが頑張った夏ではなかったでしょうか。
 
我が家も、2階の若い世帯たちの部屋、1階の皆が居るダイニングでは、朝と夜はエアコンがフル稼働
また洗濯ものが乾かないときは、6帖のエアコンを除湿に設定したらとても涼しく、冷房にしなくても十分に過ごせました。
 
「断熱工事をしたおかげだわぁ!!」と私が言うと、主人は認めたくない様子
二重窓を閉めると「外の音が聞こえん・・・・・」と言って、すぐに窓を開けてしまいます。
 
それを聞いていた我が家のお嫁さん、「お父さんは、断熱の意味がわっかっとらん!!」と小声で私に言います。
 
女性と男性の生活意識の違いでしょうか
 
最近涼しくなってきて、主人は窓を全開にして虫の声を聴きながら「ええなぁ~。」と満足気。
 
我が家の断熱効果を、家族が認めるにはもう少し時間がかかるかな
 
冬になったら、主人はどう反応するでしょう
楽しみです。
 
これからは、暖かい飲み物・食べ物がおいしくなる季節!!   
秋を楽しみましょう紅葉 
                                http://ogura-sekkei.jp/files/libs/1329/201909130934083654.jpg              

骨折入院。 経験から学んだこと・・・・!!     【第2回】

2019-07-30
      床下断熱材
         内窓
内窓取付時
      内窓施工時
前回の報告から、
     まずは我が家から
 
退院して約3か月近くになります。
温泉プールのリハビリに通いながら、生活している今日この頃。
 
お客様に断熱改修を勧めるているだけでなく、
以前から、「今年は寒くなるまでに断熱工事をしたい」と思っていました。
退院後の寒さが体に堪えたのもあり、まずは我が家からと7月中旬頃から断熱工事に着手!!
 
 
天井裏には新築当時のグラスウール(厚50㎜)がありますが、その上に高性能グラスウールのアクリア(厚155㎜)を入れます。
 
壁ははがさないので現状の断熱材のまま。
 
窓にYKK樹脂の内窓で、断熱UP。
 
床はアクリアボード(厚80㎜)の板状の断熱材を床下から打ち上げます。
 
今までの夏はエアコンを、ガンガンかけてでないと寝られませんでした
今は扇風機だけで寝られるようになりました。
 
夏本番はこれから・・・・・。
家の中に居ても熱中症にかかるこの頃。
猛暑日・熱帯夜にはエアコンは必要になるかもしれませんが、効率よくエアコンがきき、電気代も削減できるのではないか!!
猛暑・極寒は歳を重ねるごとに、つらくなります。
健康寿命に断熱は重要でなないでしょうか!!
 
また、これからの酷暑を過ごしてみて、断熱改修の成果の報告が出きたらと思っています。
 

骨折してしまいました。経験がら学んだこと・・・・・!!  【第1回】

2019-07-29
ご無沙汰です。                      
久しぶりに更新します。               
 
【入院中のお話】
 
というのも、今年の正月明けの夜中、ふと目が覚めてトイレに行こうと思い起き上がった拍子に、真っ暗な部屋でつまづき転んで しまいました。
 
約一月ほど痛みと闘いながら生活を続けた結果、病院で股関節の骨折と診断され、即入院
 
3か月間の保存療養で入院。おかげさまで手術なく無事退院できました。
入院中の運動とプールで体重が9Kgの減量、糖尿病の数値も-3.9と、思ってもいなかった結果がでて喜んでいます。
 
【皆さんも注意してくださいね。
いくら慣れた部屋でも、夜、目が覚めた時にはすぐには感覚が戻らないこと。
歳をとればなおさらのこと、少し待ってから行動するように心掛けましょう。
常夜灯は点けておくほうがいいですね】
 
入院期間3か月の間の2か月は車いす生活、実際に体験して非常に勉強に・・・!!
 
移動時には、たえずスケールで自分の動作・必要空間を測り、車いすからベットやトイレへの移動、車いすの方向転換、荷物を持っての移動など、自分のちからで生活ができるようにと、いろいろ考えていました。
 
入院している方や、プールなどのリハビリで通院している方々からお話をうかがうことがあり、
股関節やひざを痛めた人はだいたい体重が重い、腰を痛くした人は仕事で等々・・・・・。
寒い時期にフトンにつまずいて転んだ、寒い時期に悪くなったという方が多かったです。
 
三朝温泉病院には、東は栃木、西は大分県まで、兵庫・大阪・岡山・広島等みなさん毎年来ますと1~3か月の入院で治療に来られている人が多かったことに驚かされました。
みなさん寒いのは体にこたえる」と・・・・・!!
 
退院したのは5月。
 
我が家で生活してみると、家が寒いこと・・・・・
特に雨の日は寒くて、ケガをした股関節が痛くて、痛くて立っていることが出来ない。
早く退院しすぎたかなぁと悔やむくらいでした。
今でもリハビリに温泉プール通っています。
生活空間には温度差がないのが、体へのバリアフリーなんだとつくづく感じました。
 
私たちが取り組んでいる【スマートウェルネス住宅等促進事業】とっとり・省エネ住宅推進協議会は医学と建築の双方から健康を考えています。
日本の家から「寒い」をなくせば、日本中が健康になれる。  など、健康セミナー・シンポジウムなどの開催などの活動をしてきました。
 
今回の私の入院経験は、講演内容がまさにそのとおりと思える経験でした。
これからも省エネ・断熱住宅に取り組んでいこうという原動力にもなりました。
 
あったかく(暑く)なってきた今日この頃。
まずは、寒くなるまでに我が家の断熱改修工事に取り組もうと思っています。
http://ogura-sekkei.jp/files/libs/1047/201808070959245189.JPG
 
北栄町には断熱改修工事の補助金制度(工事費の2/3の補助)があります。
 
詳しくは北栄町役場に問い合わせしてみてくださいね。
                                            
 

暑かった夏、杉板の効果を実感できた夏でした。

2018-09-10
今年の夏は、とぉ~っても暑かったですねぇ
 
住居を創る者にとって、沢山考えさせられることが多い夏でした。
 
http://ogura-sekkei.jp/files/libs/1047/201808070959245189.JPG 今年で69歳になったから、 余計に感じられたのでしょうか?                        
 
寝苦しい夜は、翌日に頑張れないので、「節電」という言葉をチョットだけ頭からはずして、一晩中エアコンをつけて熱帯夜を過ごして体力確保を優先しました。
 
先日の完成見学会で、外壁の材料によって外気温が室内の温度にどう影響を及ぼすのかを、初めてデーターを取り、 結果を発表をしました。http://ogura-sekkei.jp/files/libs/1063/201809101642371898.JPG
 
杉板の外壁は見学会場、対比する建物は事務所のサイディングの休憩室。
どれ位違いが出るのか期待しました。                                                 
 
やはりサイディングの外壁は、外部の気温の変化が室内の温度にゆっくりと影響を与えることがわかりました。
 
杉の外壁板は、外部の気温の変化に杉板そのものは、表面温度が急に上がったり下がったりしますが、室内の温度変化はほとんど変わりなく、外気温の変化の影響を受けていませんでした。
 
断熱材は、そんなに高断熱というのではないのに、驚きました。
 
  防火地域・準防火地域等は別として、外壁に杉板を用いることは良いことだと、再確認できました。
 
 
 

手づくり・スローライフを楽しみたいお客様との出会い!!

2017-09-20
 
 ある日、「こんな家をつくりたいんだけど・・・・・。」と、
 お客さんが事務所に 本を2冊持ってこられました。
 
 お客さんから借りて、読めば読むほど
 「これだ!!  家づくりに対するこの考え方は、私も昔からやってきたよ・・・・・。」
http://ogura-sekkei.jp/files/libs/68/201709211350591677.jpg
 大声で叫びたくなるほどでした。
 
  ・業者に頼りきるのではなく、お客さんが自分たちで造る、手づくりの家。
  ・時間を ゆ~っくりと感じさせる、スローライフの家。
  ・竣工が完成じゃない。 
    家族の成長とともに、家も成長し完成する家づくり。
  ・高断熱のパッシブデザインで設計する、住む人にやさしい木の家。
 
 そんな家をいつか造ってみたいと思っていました。
 
 
 今回、そんなワイルドなお客さんと出会うことができ、大切なポイントはしっかり押さえて、設計を進めてきました。
 
  ・広~い敷地、 キッチンガーデンをしよう
  ・生活そのものを楽しもう。
  ・出来るところは DIYしよう。
  ・家を仕上げながら、自分たち 家族の人生も手づくりしよう。     などなど、沢山!!
 
 今、お施主さんと会えばそんな雑談に花が咲いています。
 
 もうすぐ工事が始まろうとしています。
 工事の様子をご紹介させていただきますネ
 
   ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
TOPへ戻る